ガーデン

新居

お待たせしました!

お引越しされ間もないとっても素敵なご新居へ

家具のお届けに行ってまいりました!

 

梅雨入りした静岡でしたが

快晴でしたなんてついているんでしょうラッキー
ソファ

リビングは

テレビを見たり、会話を楽しんだり、笑ったり

家族があつまるところ・・

人とインテリアがつながる空間をイメージしました

 

ソファはたっぷりの奥行きのあるタイプより

カウチソファ+オットマンをセレクトいただきました。

またテレビを楽な姿勢で見ることができる


ボルスター付きクッションは

頭をすっかり預けることができ疲れにくく

体にもよいですね!

ボルスターの位置を開け下げしたり、外したりすることで

用途に応じた自由な使い方ができて

とても便利です!

 

ソファの座面は固めで、

ウレタンがとても上手にいれてあるので

長く安心してお使いいただけます。

カバーリングですから、クリーニングや気分をかえて取替をしたいときも簡単です。

 



TVボード

テレビボードは、奥行きサイズは控えめ

収納部分はすべて引出しのものをご提案させていただきました。

引出しもレールがついているので開閉は

とってもスムーズです


a87d09d1ed9102fdd5d087c5733f4bb3

そしてダイニング・・

空間をより広く感じることができ、

動線をより広く確保できるよう

テーブルは、ロータイプのものをセレクトいただきました

無垢材の美しいウォールナットのテーブルは、

ご家族の成長とともにずっと愛用していただけます

チェア

チェアもテーブルの高さに合わせて

オーダーを承ることが可能です

今回は、まるでパーソナルソファのようにくつろげる

高さに仕上げました。肘も程よい高さについているので

カフェで長居している感覚でお寛ぎいただける思います

国内で作っているからこその安心ですね。

座面も取り外してクリーニングもできますし、

スタッキングもできるので

使い手にとっても嬉しいポイント




納品の際には、ご家族みなさまがいらしてくださり

家具の入れ替えもお手伝いしていただきまして

ありがとうございました

 

家族の居場所であるリビングとダイニング、窓を開ければ、

テラスと室内がボーダレスな一体空間になる素敵なお家ですね

 

毎日、空を見ながら、心地よい風を感じて過ごされるんだろうな・・と

私は住むわけではありませんが、いいなあ、素敵だなあ、とわくわくしました

 


家具をセッティングしながら、心地よい暮らしのお仲間にいれていただいた気持ちがして

とっても、うれしくなりました!

 

このたびは仲良しのすてきなご家族様とすてきなご縁をいただき

ありがとうございました

ご家族の笑顔とますますのご繁栄を祈っております

 

またぜひお店にも遊びにいらしてくださいね。


グリーンジグザグサボテン

暮らしのたのしみ方はいろいろあると思います

ひとつのアイテムとして、リゾテアではグリーンのある暮らしを提案します。

グリーンが身近にあることで

暮らしに豊かさを感じることができます。

 

グリーン

グリーンの成長を楽しんだり

たまには、休日、家族仲良く、お手入れをしたりと

暮らしのお楽しみアイテムのひとつとして

取り入れていただけたら素敵だと思います。

 

グリーン

玄関先やテラスなど室外で人気のオリーブやトネリコ

ユーカリをはじめ、リゾテアおすすめの

オージーが入荷しています!

 

グリーン

室内では初心者にも育てやすいものを中心に観葉植物や多肉植物をはじめ

女性に人気のドライもご用意しております。

ドライのスワッグは、アレンジの1点ものばかり!

 

グリーン

梅雨が明けた静岡、週末の連休は

気温があがり、お天気も良さそうですね。

ぜひリゾテアにもお立ち寄りいただけるとうれしいです。

 

多肉植物

みなさんこんにちは!

最近ショップに入荷してきた、たくさんの多肉植物たち。

それぞれ色んな形の葉っぱがありますが、じつはこれ皆「エケべリア」という種類らしいです。

調べてみたら、なんと2,000種類以上もあるみたい。

「多肉図鑑」
https://pukubook.jp/genus/Echeveria

う~ん、…同じものに見えるのもあるけど…専門家なら見分けがつくのかな?笑

多肉は乾燥地帯で生まれた植物なので、葉に水を貯める性質があります。

水やりも、鉢土が完全に乾いてから、葉っぱにシワが寄ってからでも大丈夫だよ~と、仕入れてくれたお花屋さんに教えてもらいました。

多少放っておいてもすぐに枯れてしまうことはないので、観葉植物の初心者の方でも安心ですね。

逆に、心配性な人はお水をあげすぎないように要注意です!

土に水が多い状態だと、ひょろひょろと間延びしたり根腐れしてしまったりするので、お水はほどほどに…。
ディックスピンク
ディックスピンク
パールフォンニュルンベルグ
パールフォンニュルンベルグ
トプシィターピィ
トプシィターピィ

入荷した中で私の好きなのはこの3つ!

葉のフチがひらひらフリルのようになっていたり、外側に葉が折れていたり面白い形をしています。

うすいピンク色のものは、白い鉢に飾ったりすると映えそうですね~

価格はどれでもおひとつ380円とお手頃です!

お部屋の癒しコーナーにおひとつ、いかがでしょうか??

今年に入って、いくつか新しいグリーンが入荷しました(*^_^*)

今日はその中の一つ、「ガジュマル」をご紹介します。


ガジュマルは、古くから

「古くから精霊が宿る木」、

「神様の木」

と呼ばれ、幸せをもらたす「多幸の木」として

人々から愛され続けています。

沖縄県ではガジュマルの大木にはキジムナーと言う

精霊が住んでいるとも伝えられています。

ガジュマル という名前の由来ははっきりとはわかりませんが、

「絡まる」や「風守る」

からガジュマルになったという説があるようですよ。



がじゅまるの葉
がじゅまるの根

ガジュマルは、育てているうちに1本また1本と気根といわれる根を生み、

土に向かって根を伸ばします。

根が土の上に出ていて、ちょっと不思議な感じですが、

足が生えてるみたいでカワイイですよ~( ´艸`)

お祝いや贈り物としても選ばれている人気の植物です。


がじゅまる
5℃以上で冬越しも出来るので、お部屋の中で

一年中楽しむ事が出来ます。

基本的には暖かいところで育つ植物なので、

日光を好みますが、屋外でなくても日当たりの良い室内でも

十分に成長します。

冬の今の時期の水やりは土が乾燥してからでOK。

5~10月の生育期には多湿を好むので、小まめにお水をあげてください。

時には、屋外で葉っぱにも水を掛けてあげると良いそうです。

霧吹きなら、室内でも葉っぱに水をあげる事が出来ますね。

「ガジュマル」は元々強健な植物ですので、

そんなに気を使わなくても元気に成長してくれます。

インテリアグリーン初心者の方もお手入れカンタンに

育てられますので安心ですね♪
お手入れも簡単で、インテリアとしても魅力的なガジュマル。育ててみたくなりませんか?

入荷後すぐ!に売れてしまう程の人気のインテリアグリーンです。気になる方は、どうぞお気軽にお店にお立ち寄りださーい(*^ ^)v

※過去のブログで詳しく紹介しています☆⇒ガジュマル
こんにちは

本日は秋雨前線の影響からか、朝から激しい雷雨でしたね

でも気温も下がって過ごしやすい時期になりました。

こんな日はお客様のご来店もあまり期待できないかな。。。と思い
(それじゃあ困るんですよね~本当はと社長の言葉が聞こえてきそう。。。)

そんな時こそやらなければならない地道な作業を致します

6月のオープンにたくさんの方々から頂いた胡蝶蘭

花も終わりごろ、ラッピングを取って、花茎も切っておいたのですが、
その後置きっぱなしにしておりました。

来年も咲いてくれるといいなと植え替え作業をすることに。
24eaf1c6ce7c6329d12c49ba6a91b447
胡蝶蘭は陶器の鉢の中に3株、スチロールで底上げされてこのような小さいポットに入っています。
8d63a6c4622ad8c1c54ad3f61c961f13
ポットから出したところ。うーん。。。水上げすぎですね。。。これは。
あまり水あげなくていいのに。。。
9d18bf3792b107c72d23abf48292e7a8
ミズゴケをほぐしていきます。同時に根腐れおこしているところは切り取ります。
b2dae7c8617c0532f166523b2493ff1d
古い根も取り除きます。
胡蝶蘭は新しい葉の3枚から5枚くらいしたから新しい根を出します。
ですので下のほうの古い根をとってあげます。
e8256deb74f8706a84fcc4092ce16bd1
ミズゴケを根で包むようにいてポットの底にミズゴケを敷いてその中に胡蝶蘭をいれます。そして上からミズゴケを足していきます。隙間にもしっかりと詰めて。
これで完成
49db9844b1fa2e27aa49a81bdf910775
と、次々に植え替えたのですが。。。

まだこんなに順番待ちがある。。。

地道な作業ですが、こうすることでまた花くこともあるんですね。
基本胡蝶蘭は花を咲かせるのに大変なのでとても高価なのです。ですので、これをやったからって必ずさくとは限らないのです。
以前このように手をかけてから外に放置した子たちは次の年にもみんな可愛いお花を咲かせてくれました 
プロの方から見たら、まだまだというところでしょうが、そこは愛情でカバー。

綺麗な花をまた咲かせてね
PAGE TOP